*開港150周年~日本初!コーヒー編*

3月 24th, 2016

こんにちはウインク

お久しぶりですキラキラコンテナ市場 ユーエンのyukikoです桜

花粉も本調子を出しはじめ、

三寒四温な気候も、ラストスパートかといわんばかりの最後の寒の戻り具合でしょうか雪雪の結晶

みなさん体調崩さないように、お気をつけください。

春はもうそこですチューリップ黄チューリップ赤チューリップ紫チューリップピンクチューリップオレンジ

さて、みなさんいかがお過ごしですか?

前回に引き続き、開港150周年シリーズ!

コーヒー編ですコーヒーコーヒーコーヒーコーヒーコーヒーコーヒーコーヒー

coffee01

日本最古のコーヒー店が、神戸にあります。

その名は【放香堂】in 元町商店街

d_08487741d_08487743

幕末の開港時、神戸のハイカラ文化を育んだコーヒーの香り。

江戸時代後期はコーヒーを飲む習慣がまだなく、

長崎の出島に滞在中のドイツ人医師シーボルトが愛飲習慣を伝えました。

1858年(安政5年)日米修修好通商条約にて正式に貿易開始。

明治維新後、日本茶の貿易商社として神戸に進出したこの会社は、

茶葉を輸出した帰りの船で茶壺にインド産のコーヒーを詰めて持ち帰りコーヒーを輸入。

外国人の多い神戸では、パン食も普及しまたたく間にコーヒー文化が栄え、多くの喫茶店が登場しました。

d_08487742

そして、コーヒーの拡大にも日本人が大きく関わっています。

溶けるコーヒー=【インスタントコーヒー】

を発明したのは、なんと日本人!

シカゴに留学中の、加藤サトリが当時緑茶粉末化の研究をしていた時、

水分除去を開発。

そのインスタントコーヒーは、その手軽さから世界中に普及しました。

images

また、缶コーヒー!

こちらも神戸本社のUCC上島コーヒーが開発。

世界発のミルク缶コーヒーを登場させ、今や自動販売機に必ずありますよねコーヒーコーヒーコーヒー

インスタントコーヒーも、缶コーヒーも日本人が発明したなんてキョロキョロキラキラキラキラ

嬉しい発見です爆  笑拍手ラブラブ

Leave a Reply

You must be logged in to post a comment.